ハート・プラスマーク

このマークは、内部障害・内臓疾患を示すマークとして、特定非営利活動法人ハート・プラスの会が普及活動を行っているものです。身体内部(心臓、呼吸機能、じん臓、膀胱・直腸、小腸、免疫機能)に障害がある方は外見からは分かりにくいため、様々な誤解を受けることがあります。内部障害の方の中には、電車などの優先席に座りたい、近辺での携帯電話使用を控えてほしい、障害者用駐車スペースに停めたい、といったことを希望していることがあります。このマークを着用されている方を見かけた場合には、内部障害への配慮について御理解、御協力をお願いいたします。注意:このマークは、公的機関が定めた内部障害を示すマークではありません。

ハート・プラスマーク
対象者
内部障害者・内臓疾患者
発行元
特定非営利活動法人ハート・プラスの会
発行元URL
概要
障害が見えないからこそ、それが分かるマークが欲しい。あたり前のことでした。「身体障害者」には様々な種類があり、内部障害という区分があることを、どれだけの方が知っているでしょうか。外から見るだけでは障害を持っていることが分からない内部障害者は、優先席、障害者専用駐車スペース、障害者用トイレなど様々な場面で誤解を受けたり手助けを得られないことがあります。また、内臓に重大な疾患を抱えながら、身体障害者手帳の保護を受けることのできない内臓疾患者の存在も忘れることができません。障害者のマークとしては、車いすをモデルにした「国際シンボルマーク」が一般的であり、人々は「障害=目にみえるもの」と知らず知らずのうちに認識してしまっています。そこで、一般の人が抱いていた障害の認識を塗り替え、より内部障害・内臓疾患の理解を得られるように、身体内部に障害を持つ人を表す「ハート・プラスマーク」を作成し、多くの内部障害者・内臓疾患者が快適に暮らせる社会づくりを行っていきたいと思います。
概要参照URL
アンケート

関連記事

  1. 発達障害への理解と支援を広げるためのシンボルマーク

  2. 手話マーク

  3. 聴覚障害者標識(聴覚障害者マーク)

  4. 障害者雇用支援マーク

  5. 補助犬同伴可マーク

  6. 盲人のための国際シンボルマーク

  7. 身体障害者標識(身体障害者マーク)

  8. マタニティマーク

  9. オスメイトマーク