筆談マーク

【マークについて(対象者と意味)】

筆談マーク
相互に紙に書くことによるコミュニケーションを表現しました。
【対象者】筆談を必要としている人
(ろう者等、音声言語障害者、知的障害者、外国人なども含みます。)
【意味】
当事者から:「筆談で対応をお願いします」
窓口等で :「筆談で対応します」

※マークが社会で認知されるまでは、表示の際にマークに意味の説明(例:「手話で対応します」「手話通訳者がいます」/「筆談で対応します」)を併記することを推奨します。

筆談マーク
認証・許可
許可不要
対象者
筆談を必要としている人
発行元
一般財団法人全日本ろうあ連盟
発行元URL
概要
一般財団法人全日本ろうあ連盟は会員約2万人を擁する、聴覚障害者の当事者団体です。わたしたちろう者、難聴者、中途失聴者(以下、ろう者等)にとり、コミュニケーションバリアの問題は永遠の課題です。生活のあらゆる場面では聞こえる人とのコミュニケーション手段は音声が基本です。ろう者等は音声に代わる、視覚的な手段でのコミュニケーション方法、手話や筆談が必要です。近年、手話やろう者等への理解は徐々に広がり、役所や公共施設の窓口等で筆談や手話で対応してもらえる例も見られます。ろう者等にとって「筆談で対応できる」「手話で対応できる」ことが一目でわかると、安心して公共施設等を利用することができます。そこで、全日本ろうあ連盟は誰にでも一目でコミュニケーション手段のわかる「手話マーク」・「筆談マーク」を策定しました。2020年には東京オリンピック・パラリンピックが日本で開催されます。外国人へのコミュニケーション保障だけでなく、国内のろう者等へのコミュニケーション保障こそ必要と考えます。全日本ろうあ連盟では今後、「手話マーク」「筆談マーク」を普及し、ろう者等に対するコミュニケーション手段の配慮について、理解を広めていきます。そしてこのマークが街にあふれ、ろう者等も含め自由にコミュニケーションの取れる社会を目指します。また将来的には世界に通用するコミュニケーションマークを日本から発信し、国際標準マークとして普及を図っていきたいと考えています。つきましては「手話マーク」「筆談マーク」の趣旨をご理解いただき、ぜひマークを取り上げていただきたくよろしくお願い申し上げます。
概要参照URL
アンケート

関連記事

  1. ヘルプマーク

  2. マタニティマーク

  3. 認定特定建築物のシンボルマーク

  4. 発達障害への理解と支援を広げるためのシンボルマーク

  5. うさぎマーク

  6. 「白杖SOSシグナル」普及啓発シンボルマーク

  7. 障害者雇用支援マーク

  8. 介護マーク

  9. 手話マーク