介護マーク

作成したきっかけ
平成21年7月に行った県主催の認知症介護家族者との意見交換会等で、介護家族から「認知症の人の介護は、外見では介護していることが分かりにくいため、誤解や偏見を持たれて困っている。介護中であることを表示するマークを作成してほしい。」という要望が寄せられました。
こうした要望に応え、静岡県では、介護する方が介護中であることを周囲に理解していただくために、また、在宅介護者を支援する取組として、全国初の介護マークの作成をしました。

家族の介護でお困りの方に
(外出先の介護で困っていること)

サービスエリアや駅などのトイレで、介護者が付き添う際、周囲から冷ややかな目でみられて困る。
男性介護者が店頭で女性用の下着を購入する際、いつも困っている。
病院に連れて行った際、2人で診察室に入っていくと、見た目は健康そうなのになぜ2人で診察室に入るのか、呼びとめられる。
駅で切符を買う時や、スーパーで買った物を袋詰めしている時など、目を離したわずかの間にどこかに行ってしまうことがある。
車の乗降りを介助する際、パッシングされてしまった。
介護中であることを周囲に理解してもらえれば……

⇒こんな時にぜひ介護マークをご活用ください!

介護マーク
認証・許可
確認中
対象者
家族の介護をしている人
認証・許可
確認中
発行元
静岡県
発行元URL
概要
平成21年7月に行った県主催の認知症介護家族者との意見交換会等で、介護家族から「認知症の人の介護は、外見では介護していることが分かりにくいため、誤解や偏見を持たれて困っている。介護中であることを表示するマークを作成してほしい。」という要望が寄せられました。 こうした要望に応え、静岡県では、介護する方が介護中であることを周囲に理解していただくために、また、在宅介護者を支援する取組として、全国初の介護マークの作成をしました。
概要参照URL
アンケート

関連記事

  1. 高齢運転者標識

  2. 聴覚過敏保護シンボルマーク

  3. マタニティマーク

  4. うさぎマーク

  5. 認定特定建築物のシンボルマーク

  6. 盲導犬マーク

  7. 筆談マーク

  8. 発達障害への理解と支援を広げるためのシンボルマーク

  9. 耳マーク